あなたが歴史、俗習、そしてたくさんの見所を提供する要所を探しているなら、ベルリンは必見です。自分はこれ数ヶ月ここに住んでいらっしゃる。自分はそれが私の希望のオールを超えていると言わなければなりません!

自分はロンドンから来て、自分は大きなコスモポリタンな表通りに住むことに慣れていらっしゃる。だから私のドイツ学位の一環として海外に1通年ドイツに移った際、ベルリンは明らかな抜擢でした。ドイツは350万人位の人口を誇るドイツ最大の都会ですが、ロンドンの人口は800万人を超える倍だ。それでも、運送システムものの多くの類似点があります:ベルリンの広大なU Bahnは、ロンドンのJRのようなものです。かつては東ベルリンの代表だったブランデンブルク門、国会議事堂(Reichstag)(国会議事堂)、テレビ塔など、見るべき名勝がたくさんあります。

しかし、ベルリンは最近の歴史において非常に例外的だ。第二後者国々大戦では、ベルリンが爆撃され、その結果、多くの我が家が壊れたり撃滅されたりしました。戦後、ベルリンは4つのゾーンに分割され、そのうち3つは西側アライアンスナショナリズム(フランス、イギリス、米国)とロシアによって統制されていました。最終的には、西部ゾーンが調合して北部から南部にかけて長い障害が建てられ、ベルリンは東ベルリンと西ベルリンの2つに分かれていました。 30年頃以外にわたり、二つは個々人ソ連と米国から影響を受けて発展し、建築仕方も目立った誤差を生み出していらっしゃる。障害は1989年頃にノックDOWNされ、都会を代表チックに再均一しました。イーストサイドギャラリーは、ベルリンの障害の残り物だ。落書きの美術家は、先行きへの見通しを申し述べる、カワイイチャート、コード、文句で描いていらっしゃる。

いまやベルリンは、俗習とアートから美術家や美術家まで、しっとり差の都会として再主旨されました。それは、連中がアパレルをきる手立て、連中が間隔をあかす手立て、または連中が創り出すものであるかどうかを問わず、先方が自由に自由に表現できる要所だ。だからこそ自分はベルリンを誰にでもおすすめし、最近の歴史がドイツの首都をどのように形作っているかを探索し、楽しんで発見するのに最適な要所だ。http://xn--tdkf3cg6b8b.com/